スキップしてメイン コンテンツに移動

XSERVERにSSH接続してgitをインストールする方法

macでの操作を前提にしています。
SSHでxserverに接続して、xserverにgitをインストールします。

1.SSH接続編


1.1 xserverのsshの設定をonにする
参考
http://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssh.php

1.2 公開鍵認証用鍵ペアの生成、公開鍵の登録
=>サーバー上で公開鍵認証用鍵ペアの生成を行う
(パスフレーズ、メモしておく)

1.3 秘密鍵をダウンロードし、~/.ssh/に保存
(~/.ssh/hoge.key)

1.4 パーミッション設定
chmod 600 ~/.ssh/hoge.key

1.5 ssh接続用の設定ファイル作成
vi ~/.ssh/config
------ config の中身
Host hoge.xsrv.jp
  HostName hoge.xsrv.jp
  Port 12345(<=実際のポート番号入力)
  User hoge
  IdentityFile ~/.ssh/hoge.key

Host samplehost2(<=他にもある場合)
  HostName samplehost2.com
  Port 12345
  User username2
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa2
------

6.ターミナルで接続
ssh hoge.xsrv.jp

7.表示されるダイアログにパスフレーズ入力


2.gitインストール編

ここに書いてあります。感謝。
http://3.1415.jp/ua7xskej

念のため以下にコピーさせていただきます。
ーーーーここからーーーーー
まず、GNU gettextが必要なのでインストールする。場所はホームディレクトリの opt 以下ということにする。

[Xserverで作業]
$ wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/gettext/gettext-0.18.2.tar.gz
$ tar zxvf gettext-0.18.2.tar.gz
$ cd gettext-0.18.2
$ ./configure --prefix=/home/[ユーザ名]/opt
$ make install

インストールした gettext のコマンドラインツールを使えるようにするため、PATH に ~/opt/bin を追加する。
(こんな感じ。export PATH=~/opt/bin:$PATH)
そして Git をインストールする。

[Xserverで作業]
$ wget https://github.com/git/git/archive/master.zip
$ unzip master
$ cd git-master
$ make configure
$ ./configure --prefix=/home/[ユーザ名]/opt
$ make all
$ make install

これで git コマンドが使えるようになります。
ーーーーここまでーーーーー

いや〜、すばらしい。
あとはドットインストールなどでgitを勉強しましょう。
http://dotinstall.com/lessons/basic_git

コメント

このブログの人気の投稿

WordPressのwp_get_archivesで月別リストを生成する際に<li>をカスタムする方法

【About】 WordPressの wp_get_archives('type=monthly') で月別のリスト<li>を生成する際に、特定の年月のアーカイブページを表示した際に<li>に特定のクラス(class="active"など)を設定する方法を記載します。
また、おまけとして、functions.phpによらず、テンプレートで<li>をカスタマイズする方法も記載します。

【通常の書き方】 <WordPress>ーテンプレート
<p>月別アーカイブ</p> <ul>     <?php wp_get_archives('type=monthly')); ?> </ul>
とすると

<HTML><p>月別アーカイブ</p> <ul>     <li><a href="http://hoge.com/2013/12/">2013年12月</a></li>     <li><a href="http://hoge.com/2013/11/">2013年11月</a></li> </ul>
などと生成されます。

これを、ある月を表示しているときに、該当のリスト<li>に class="active" を追加したいとします。

【カスタマイズ方法】 <WordPress>ーテンプレート
<p>月別アーカイブ</p> <ul>     <?php wp_get_archives('type=monthly')); ?> </ul> (変更なし)

ーfunctions.php
functions.phpに以下を追加
<?php ・・・ function my_archives_link($link_html){   $my_month = '/' . get_query_var('year') . &#…

PhotoSwipeでテキストリンクから特定の画像のPhotoSwipeギャラリーを起動する方法

【PhotoSwipeとは】 スマホサイトで写真ギャラリーを設置したいときに使えるライブラリ
スワイプで画像がめくれて便利!
レスポンシブサイトの画像ギャラリーにオススメ。
(optionに、imageScaleMethod: "fitNoUpscale" とすれば画像が最大100%で表示されるのでPCサイトでも使えます。)
https://github.com/codecomputerlove/PhotoSwipe


【実現したいこと】 通常は画像サムネイルのクリック(or タップ)でPhotoswipeギャラリーを起動します。
それとは別に、新着情報などのテキストリンクから特定の画像のPhotoSwipeギャラリーを起動したい。


【方針】var instance = $("#Gallery a").photoSwipe(options); instance.show(0); で、最初のPhotoSwipeギャラリーを起動できることから、テキストリンクに任意の要素(data-swipeとする)と、クラス(.swipe-targetとする)を設置し、.swipe-targetの上から順番にdata-swipeに番号を振ってゆき、.swipe-targetがクリックされたら、data-swipeから番号xを取得し、instance.show(x)で目的のPhotoSwipeギャラリーを起動する。


【HTML】 ヘッダー(もしくはフッター)部分(jQueryバージョンを使用)<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.8.2/jquery.min.js"></script> <script>window.jQuery || document.write('<script src="/js/vendor/jquery-1.8.2.min.js"><\/script>')</script> <script src="/js/vendor/klass.min.js"></script> <scri…

<input type="file" ...> のvalueをクリアする方法

選び直す場合は再度「ファイルを選択」ボタン(IEの場合「参照」ボタン?)で選び直せばよいのですが、選択必須ではない任意選択項目の場合、一度選んでしまったファイルのvalueを解除する必要があります。

しかし

input type="file"のvalueにはブラウザのセキュリティー上アクセスできないようなので
(確かにスクリプトでvalueを変更できたら大変ですよね。)

$('type="file"の要素').val('');

とか

$('type="file"の要素').replaceWith('<input type="file" ...>');

とかやっても解除されません。。。orz


なので、typeを"text"にして、textのvalueを変更することで元のtype="file"のvalueがリセットできました。


[sample code]
$('type="file"の要素').attr("type","text");
$('type="file"の要素').val('dummy');


無理やり〜(^^;